出会い系アプリ人気ランキング!出会える攻略情報サイト

marriage-fraud婚活目的で出会い系アプリをする人は結婚詐欺に注意

金銭の話には注意

最低でも借用書を書く

婚活目的で出会い系アプリをする人は結婚詐欺に注意
婚活目的で出会い系アプリを利用する人もいますし、出会い系アプリのみならず他の婚活サイトなどを利用する上でも十分気をつけなければいけないのが結婚詐欺師です。

もちろん滅多委に遭遇することはありませんし、結婚詐欺師の絶対数も少ないです。

ほとんどの人は結婚詐欺師に出くわすことはないと思います。

しかし、結婚詐欺師もそうですが、結婚を匂わせておいてただ身体目的で近づいてきたりする男もいますし、貢がせようとする女性もいるということを頭に入れておかなければいけません。

結婚をしたいと思っている人をターゲットにしているので婚活で焦っている人は是非とも気をつけるようにしましょう。

結婚詐欺師に騙されるわけがないじゃない!お金なんて絶対に渡さない!って思っているかもしれませんが、まず結婚詐欺師は自分からお金を出させようとは言ってきません。

あくまでも自分の意思でお金を渡そうと仕向けるのです。

また結婚詐欺師に引っかかるなんて馬鹿じゃない?って思うかもしれませんが、詐欺師というのは非常に頭が切れて心理分析に長けており、相手の心を巧みに操ります。

詐欺師は馬鹿ではなれません。

まず婚活相手に近寄ってくるのは容姿に優れていて学歴も優秀などステータス的にも魅力があると思っている人が多いですが、意外と普通なんです。

物腰が柔らかくてレディーファーストだったり、逆に男性を立ててくれたりします。

付き合っていても非常に優しくて頼りがいがあったり、料理がうまくて気品があって穏やかだったり、見た目は普通よりもちょっと上ぐらいで綺麗過ぎずかっこよすぎないのが特徴です。

この人とだったら一緒に結婚をしたら良い結婚生活が送れそうと思います。

また夜も上手だったりもします。外見も普通以上だけではなくて内面から魅力や性格の良さが溢れているように見せるのが結婚詐欺師なのです。

最初は普通にデートを重ねたり、奢ってくれたり、逆に奢られるのが嫌いだから割り勘だったり、次のデートでは奢り返してくれたりしてくれます。

そこで交流して仲良くなった時に別れ話を踏み切られます。理由は言いたがらないどころか本当は別れたくないけどなど煮え切らない態度をしてくるのです。

しつこく理由を聞いてみると親が病気になってしまったとかだったり、投資に失敗をしてしまったり、借金が実はあったとか、色々な理由があります。

病気の親もしっかりと詐欺グループで用意をしていたりなどかなり周到に準備をしています。

お金の面でどうしても一緒に居たいけれど借金を返さなくてはいけないからという理由などをつけます。

水商売を始めなければいけないとか言ってきたりします。

結婚目前で言われてなんだったら挙式を挙げる日付も決めていて友人や知人などを招待してしまっている段階でもう後には引けない状況で言われる可能性だってあります。

そこで自分の意思でお金を渡してしまう人が居ます。

結婚の約束もしているし、一緒に暮らしていきながら返してくれればいいやって思っているかも知れませんが、お金を渡したらそこから先は連絡はありません。

いきなりお金の貸し借りをするのではなくて、その準備段階として小銭などの貸し借りだったり、小額のお金などの貸し借りでしっかりと耐性と信頼を得ているのです。

必ず約束の期日までに渡したり、お金を借りたらちょっとだけ多めに貸してくれたお礼といって返してくれたりと信用を作っておくわけです。

小さいお金で信用を得て大きい金額を渡されたらそのまま行方知らずというケースもあります。

連絡が取れなくなって初めて結婚詐欺師に引っかかってしまったということに気付くので気をつけるようにしましょう。

お金の貸し借りは基本的にしないようにしてもしどうしてもお金を渡すとなったら必ず借用書と運転免許書などのコピーと一緒に書いてもらいましょう。

もし相手が渋ったりしたら、信用できないの?みたいに難色を示したらお金を返す気がないということになります。

お金を渡す際にも必死になってお金を貯めたものだから必ず返してねと一言伝えるようにしましょう。

もちろんお金だけじゃなくて身体目的だったり、高額な商品を売らせるつもりで近寄ってくるケースもあります。

婚活に焦り過ぎないようにして冷静に見極めることが大切です。

結婚を破棄する勇気を持たなくてはいけません。